School of Seven Bellsが最後のレコーディング作品を来週リリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

昨年12月29日にギタリストのBenjamin CurtisをT細胞性リンパ芽球性リンパ腫によって失ったSchool of Seven Bellsが、ニュー・シングルを来週24日にデジタル・リリースする。
リリースされるのはJoey Ramoneのカヴァー「I Got Knocked Down (But I’ll Get Up)」。
Alejandra Dehezaは声明の中で、Benjaminのラップトップを使ってレコーディングをしたが病室ではヴォーカルは録れなかった為、彼とFaceTimeでビデオ通話をしながらヴォーカルだけはスタジオで録った。この曲は彼にとって本当に重要だったと語っている。

シングルのリリースに伴い来週の25日には、彼らの長年の友人Toby HalbrooksとAlan Del Rio Ortizがカリフォルニア州のジョシュア・ツリー国立公園で撮影したMVが公開される予定で、現在下記プレイヤーから15秒のティザー・ビデオが先行視聴できる。(via Exclaim.ca)

https://www.youtube.com/watch?v=iR48SIJznHU

 


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon