ニューヨーク近代美術館がBjörkのキャリアを振り返る回顧展を来年開催

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Björkの回顧展がニューヨーク近代美術館で2015年3月7日から同年の6月7日にかけて開催される。
この展覧会では映画やビジュアル、数々の独創的な楽器、オブジェクト、衣装、パフォーマンスを通じて、Björkのこれまでのキャリアを振り返る。その他にアイスランドの作家Sjón SigurdssonとBjörkが書いた物語や、様々なアーティストとの過去のコラボレーションもフィーチャーされるという。

以前こちらの記事で紹介したとおり、ニューヨーク近代美術館はBjörkが2011年に発表したアルバム『Biophilia』の為に作成したアプリを収蔵することを発表しているが、同館のチーフ・キュレーターKlaus Biesenbachは、Björkを現代音楽やビデオ、映画、ファッション、アートといった様々なシーンに貢献し、世界規模で大きな影響を与えてきた非常に革新的な芸術家と称し、今回の展覧会ではただの作品の展示だけでなく観覧者に直接的な体験も提供すると語っている。(via Pitchfork)


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon