School of Seven Bellsがニュー・アルバムのリリースを計画

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

School of Seven Bellsが、昨年末に亡くなったBenjamin Curtisの最後のレコーディング作品となったJoey Ramoneのカヴァー「I Got Knocked Down (But I’ll Get Up)」を今週iTunesで配信した。現在彼らの長年の友人Toby HalbrooksとAlan Del Rio Ortizがカリフォルニア州のジョシュア・ツリー国立公園で撮影したMVがYouTubeで公開されている。MVはステージで演奏するBenjamin Curtisの姿を捉えた映像から始まる。

そして、現在のバンドのただ一人のメンバーであるAlejandra Dehezaは、2012年にリリースした『Ghostory』に続く4枚目のオリジナル・アルバムのリリースを計画をしていることを明らかにした。彼女は今後数週間のうちに更なる発表をするが、Benjamin Curtisはそのニュー・アルバムにおける自身のパートを闘病中に全てレコーディングしていたそうだ。(via Stereogum, CoS)


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon