YeasayerのAnand Wilderによるコンセプト・アルバム『Break Line The Musical』から「I’m To Blame」の試聴が公開

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

YeasayerのギタリストAnand Wilderと彼の友人でありピアニストのMaxwell Kardonが7月15日にSecretly Canadianからリリースするアルバム『Break Line the Musical』から、「I’m To Blame」の試聴が新たに公開された。

既報のとおり、このプロジェクトは2008年からスタートし、ゲストとしてYeasayerのIra Wolf TutonとChris Keatingを始め、Man ManのChristopher PowellとRyan Kattner、SuckersのAustin Fisher、Dirty ProjectorsのHaley Dekle、MGMTのサポート・メンバーであるJames Richardson、Dragons of ZynthのAku Orraca-Tettehが参加。レコーディングはYeasayerの作品にも関わるBritt Myersが担当した。プレス・リリースでは、彼らオリジナルの1970年代初期のロック·コンセプト・アルバムを思い起こさせるような裏切りやプライド、失恋をテーマにした古典的なストーリーが紡がれており、サウンド面では黄金時代のミュージカル・シアター、そして1950年代にクエーカー・スクールで教えられていた古いフォーク・ソングから影響を受けた作品に仕上がっていると紹介されている。

Anand Wilder and Maxwell Kardon – Break Line The Musical

Trakclist:
01. Coal Into Diamonds
02. Wedding Day
03. Opportunity
04. Hold You Tight
05. They’re Stealing Our Coal
06. 4th of July
07. Better to Die
08. It Doesn’t Seem Right
09. Fathers and Brothers
10. I’m To Blame
11. Hang Your Head High

Break Line the Musical
Break Line the Musical

posted with amazlet at 14.07.02
Anand Wilder & Maxwell Kardon
Secretly Canadian (2014-07-15)

 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon