元Vivian GirlsのCassie Ramoneがソロ・アルバム『The Time Has Come』を8月にリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

今年3月に解散したVivian Girlsでギター・ヴォーカルを務めていたCassie Ramoneが、初のソロ・アルバム『The Time Has Come』を8月26日にLoglady Recordsからリリースする。
アルバムは先日Xray Eyballsとリリースしたスプリット・シングルにも収録されていた「I’m A Freak」を含む全8曲入りで、そのうちの幾つかにはAriel Pinkがベースで参加しているそうだ。レーベルは本作について現代版Karen Daltonのような作品とコメントしている。Karen Daltonは1960年代から1970年代にアメリカで活躍した女性フォーク・シンガー。下記プレイヤーからはアルバムの収録曲「I’m A Freak」が試聴できる。(via Exclaim.ca)

Cassie Ramone – The Time Has Come

Tracklist:
01. Song of Love
02. The Time Has Come
03. Joe’s Song
04. I’m a Freak
05. Hangin’ On
06. I Don’t Really Wanna Go
07. Sensitive Soul
08. I Send My Love to You


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon