The Ramonesのオリジナル・ドラマーTommy Ramoneが死去

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

The Ramonesのオリジナル・ドラマーであるTommy RamoneことThomas Erdelyiが、7月11日に62歳の若さでニューヨークで死去した。死因は胆管がんだという。

Thomas Erdelyiは1952年にハンガリーの首都ブダペストで生まれ、その後ニューヨークに移り住む。今はなきJoey Ramone、Johnny Ramone、Dee Dee Ramoneの3人とThe Ramonesを結成したのは1974年のこと。1978年に脱退し2代目ドラマーのMarky Ramoneと交代した。Tommyがバンド・メンバーとしてドラムを叩いたオリジナル・アルバムは『Ramones』、『Leave Home』、『Rocket To Russia』の3枚だが、この3枚を含め脱退後もプロデューサーとして彼はバンドの活動に関わっていた。デビュー・アルバム『Ramones』のオープニング・トラック「Blitzkrieg Bop」は彼とDee Deeの共作だった。 (via NME)

 

 


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon