Johnny Winterが死去

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

長年に渡りブルース界を牽引してきたアメリカのベテラン・ギタリストJohnny Winterが死去した。70歳だった。第一報を伝えたAmerican Blues Sceneによると、その訃報は彼のPR会社であるKid Logic Mediaからメールで伝えられたそうだ。彼は今週16日に滞在していたスイス・チューリッヒのホテルで亡くなった。死因は今のところ明らかにされていないが、同社は適切な時期に公式声明を出すことを約束したという。
また、彼の長年のバンドメイトだったギタリストRick Derringerの妻Jenda Derringerも自身のFaceBookページで、信頼できるソースからと前置きしてこの訃報を伝えた。

突然の知らせに当初は誤報の可能性も指摘されていたが、先ほどアメリカの大手メディアの一つであるUSA Todayもこの訃報を伝えた。それによると Associated Press(AP通信)が彼の代理人であるCarla Parisi氏に確認をとったそうだ。そして、彼のオフィシャルFaceBookページも訃報を伝えている。

Johnny Winterは1944年にテキサス州ボーモントの音楽一家に生まれた。10代の頃からギターを始め、実弟のEdgar Winterと共に活動し、複数のレコードをリリースした。やがて巨額の契約金でCBSとサイン、1969年にはJohnny Winter名義でのデビュー・アルバム『Johnny Winter』をリリースし、同年にはWoodstock Festivalにも出演した。その後は藥物依存に苦しむこともあったが、1990年代初め頃まではコンスタントにアルバムをリリースし続けた。近年は体力の衰えが心配されながらも精力的に活動し続け、今年9月にはEric ClaptonやJoe Perry、Ben Harper等をゲストに迎えたブルースのカヴァー・アルバム『Step Back』のリリースを控えていた。
日本には震災直後の2011年4月に初来日、今年4月にも3度目の来日公演をおこなったばかりだった。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon