Blood OrangeがLollapaloozaの会場でセキュリティに暴力を振るわれたと主張

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

(Photo via Twitter)

Blood OrangeことDev Hynesが、出演していたLollapaloozaの会場でセキュリティに暴力を振るわれたと訴えている。彼のTwitterによると、セキュリティ達が彼のガール・フレンドであるFriendsのSamantha Urbaniを捕まえているところを見つけ、何をしていたのか尋ねたところ、セキュリティに首を捕まれ地面に投げ飛ばされたという。その数時間前に彼は、以前フロリダで起きた銃殺事件の被害者である黒人の少年達や、警察による暴行で亡くなった黒人男性達の名前を書いたシャツを身に纏いステージに登っていた。
その後、ファンによる事件を非難する書き込みがLollapaloozaによって削除されるという事態も発生していたが、先ほど声明が発表された。それによると、フェスティバルの全参加者の安全確保は最優先事項であり、現在は事件の状況を確認する為に関係者や当局にあたっているという。(via Pitchfork)

 


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon