北ドイツの音楽家Tobias Wildenが日本企画盤『A Path To Open Air / Minute Maps』を今月リリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Tobias Wildenの日本企画盤『A Path To Open Air / Minute Maps』が、今月21日にp*disからリリースされる。
Tobias Wildenは北ドイツ沿岸のブレマーハーフェン近郊に暮らす現在23歳の音楽家。Nick DrakeやDavid Crosby、Kaki Kingを始めとするミュージシャン、フォーク、ニューエイジ、クラシック、現代音楽といった多彩な音楽から影響を受け、独学で学んだギターとピアノを用いて、テクニカルなアプローチと親しみやすい透明感のあるメロディの同居した美しいアンビエント・フォークをbandcampやSoundCloudを通じてリリースしてきた。
2014年6月には韓国のブックショップYour Mindのコンピレーション『Mixtape for Dawn』にも参加している。
今回リリースされる本作は、彼が以前bandcampでリリースした自然や風景をテーマにアコースティック・ギターとマンドリンを重ねた『A Path To Open Air』と、彼自身の旅の経験を反映させアコースティック・ギター1本で制作した『Minute Maps』をコンパイルした作品。ジャケット・アートワークは彼自身が撮影しデザインしている。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon