Efterklangがネット・ラジオ局The Lakeをスタート、ライヴ活動も再開

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Efterklangがネット・ラジオ局The Lakeをスタートした。彼らの所属するレーベル4ADによると、この24時間放送のラジオには、キュレーションをするEfterklangのメンバーMads Brauer、Casper Clausen、Rasmus Stolbergに加えて、ラジオ・ジャーナリストのJan Høgh Stricker、アーティストのKasper Vangが参加しており、膨大なライブラリーの中から制限を設けずに様々な実験的な音楽や音を放送するという。

以前紹介したとおり、Efterklangは今年2月に地元デンマークのセナーボーにあるAlsion Concert Hallでラスト・コンサートと称したライヴをおこなった。その後彼らは解散説を否定し、Efterklangの今後の活動や形態を新たに創造することを示唆していた。なお、既にライヴ活動の再開も決定しており、11月にはオランダ・ハーグで開催されるRewire FestivalにTatu Rönkköと共に出演する。

Update: 記事初出時に11月のRewire Festival出演がTatu Rönkköとの編成での初ライヴと記載していましたが、初ライヴは7月に開催されたOur Festivalです。訂正してお詫び致します。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon