Death Cab for CutieからChris Wallaが脱退

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

(Photo by Danny Clinch)

Death Cab for Cutieで長年ギタリストを務め、アルバムのプロデュースも行っていたChris Walla(写真右から2番目)が、バンドから脱退することが明らかになった。

発表された彼の声明によると、彼は9月11日から14日にかけてカナダ・ブリティッシュコロンビア州のヴィクトリアで開催されるRifflandia Festivalへの出演を最後にバンドを離れる。声明の中で彼はこれまで活動をともにしてきたバンド・メンバー、家族、マネジメント、クルー、レーベル、そしてファンに感謝の意を表した。
なお、Death Cab for Cutieは、InterpolやFiona Appleの作品を手がけるプロデューサーRich Costeyを迎えて制作した8枚目のスタジオ・アルバムを来年にもリリースする予定。本作は彼らにとってChris Wallaの参加した最後のアルバムであり、外部からプロデューサーを迎えた最初の作品だ。(via Stereogum)


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon