Arcade FireがNeil Youngの「Come On Baby Let’s Go Downtown」をカヴァー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

現在開催中のツアーにおいて開催地に縁のあるアーティストの楽曲を毎回カヴァーしているArcade Fireが、今週14日にカナダ・マニトバ州で開催した公演でNeil Youngの「Come On Baby Let’s Go Downtown」をカヴァーした。彼の出身地はトロントだが、音楽に触れ始めた少年時代に一時期この地に住んでいたことがあるそうだ。今回のカヴァーではフロントマンのWin ButlerよりもTim Kingsburyを始めとする他のメンバー達が中心となってヴォーカルをとっている。下記プレイヤーからPitchforkの読者が同誌に提供したオーディエンス・ショットが視聴できる。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon