Sonic YouthやAriel Pink、Animal Collectiveのメンバー等が参加した植物に音楽を聴かせるアート・プロジェクトが参加ミュージシャン達の楽曲を公開

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

ニューヨークを拠点に活動するアーティストPeter Coffinが、2002年から取り組んでいる植物に音楽を聴かせるアート・プロジェクト『Music for Plants』。
過去には日本でも展示されたことのあるこのプロジェクトには、これまでにSonic YouthAriel PinkAnimal CollectiveのDeakinとGeologist、Jim O’RourkeYoko Ono、Alice Coltrane、Black Dice、Nico Muhly、Boredomsの山塚EYEといったミュージシャンが参加し、展示室である温室の中で植物の為に演奏をしてきた。

そして、今回新たにこれまでにこのプロジェクトに参加したミュージシャン達の楽曲をコンパイルした『Volume 1』と『Volume 2』の試聴がSoundCloudで公開された。更に『Volume 3』のレコーディングも、現在Peterのインスタレーション『Living』が展示されているニューヨークのRed Bull Studiosで行なわれている。こちらにはKelelaや、Arto Lindsay、坂本龍一、Teengirl Fantasy、Bernie Worrell、SuicideのMartin Rev、Charlemagne Palestine等が参加しているそうだ。また、Peterがディレクション、L-Vis 1990がサウンドトラックを作成した『Volume 3』の為のビデオも現在Dazed Digitalを通じて公開されている。
『Volume 3』は今秋リリース予定。(via Pitchfork)


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon