Laurel Haloが10月にHyperdubからニューアルバム『Chance of Rain』をリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

ミシガン州出身で現在はブルックリンを拠点に活動する女性プロデューサーLaurel Haloが、セカンドアルバム『Chance of Rain』を10月28日にリリースすることが明らかになった。
リリース元は昨年5月発表のデビューアルバム『Quarantine』、今年5月発表のEP『Behind the Green Door』と同じくKode9主宰のHyperdub。

アルバムにはライブでの即興演奏を元に制作したトラックが全部で9曲収録されており、会田誠の作品をジャケットに用いた前作『Quarantine』同様に印象的なジャケット・アートワークとなっている。
これは、FACT Magazineによると、彼女の父親がミシガンやその周辺の斜陽化工業地帯の風景を描いた1970年代の初期作品の中から本作のサウンドに合ったものを選んだそうだ。
公開されているトラックリストは以下のとおり。

Laurel Halo – Chance of Rain

Tracklist:
01. Dr Echt
02. Oneiroi
03. Serendip
04. Chance of Rain
05. Melt
06. Still/Dromos
07. Thrax
08. Ainnome
09. -Out

(via Tiny Mix Tapes)

Chance Of Rain [輸入盤CD] (HDBCD021)
Laurel Halo ローレル・ヘイロー
HYPERDUB (2013-10-26)
売り上げランキング: 43,311
Chance Of Rain [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC399)
Laurel Halo ローレル・ヘイロー
BEAT RECORDS / HYPERDUB (2013-11-02)
売り上げランキング: 16,482

 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon