The KillersのフロントマンBrandon Flowersが2枚目のソロ・アルバムを来年リリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

The KillersのフロントマンBrandon Flowersが、2010年にリリースしたソロ・デビュー・アルバム『Flamingo』に続く2枚目のソロ・アルバムを来年リリースする予定であることがNMEに掲載された最新インタビューで明らかになった。彼は昨年にも今回と同様のリリース計画を明かしており、今のところそのレコーディング作業が予定通りのペースで進んでいることが伺える。
彼はVampire WeekendやHaim等を手がけるプロデューサーAriel Rechtshaidとスタジオに入っており、次作について元々はThe Killersの為に書いた楽曲が収録されていた『Flamingo』と比べると、故郷ラスベガスからの影響はあまり大きくないとしている。
なお、Consequence of Soundは、今月HaimのドラマーDanielle HaimがThe Killersのライヴにゲスト参加するという出来事があったのを受けて、アルバムにHaimのメンバーが参加している可能性を指摘している。


Update(8:53): 本文に加筆。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon