Foo Fightersのニュー・アルバムにDeath Cab For CutieのBen Gibbardが参加

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Foo Fightersが11月にリリースするニュー・アルバム『Sonic Highways』に、Death Cab For CutieのBen Gibbardが参加していることがNMEに掲載されたFoo FightersのベーシストNate Mendelの最新コメントで明らかになった。アルバムには更にThe EaglesのJoe Walshや、Cheap TrickのRick Nielsen、Preservation Hall Jazz Bandも参加しているという。

ニュー・アルバム『Sonic Highways』は、シカゴ、オースティン、ナッシュビル、ロサンゼルス、シアトル、ニューオーリンズ、ワシントン、ニューヨークという8都市にある伝説的な8つのスタジオで1曲ずつレコーディングされた。それらの楽曲にはそれぞれの都市の伝説的なアーティストが参加しており、まだその全貌は明らかになっていない。
なお、Stereogumは、先日公開されたアルバム・トレイラーにカメオ的に登場していたIan MacKayeや、Steve Albini、Dolly Parton、LL Cool J、Willie Nelson、Pharrell Williams、Macklemoreがアルバムに参加しているのではないかと指摘している。

Foo Fighters – Sonic Highways

Tracklist:
01. Something From Nothing
02. The Feast and the Famine
03. Congregation
04. What Did I Do?/God As My Witness
05 Outside
06. In the Clear
07. Subterranean
08. I Am a River


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon