Chris WallaがDeath Cab for Cutieでの最後のライヴを敢行

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

(Photo by Danny Clinch)

先日こちらの記事で伝えたとおり、Death Cab for Cutieでギタリストを務め、アルバムのプロデュースも行っていたChris Walla(写真右から2番目)が、14日にカナダのRifflandia Festivalでのステージを最後にバンドから脱退した。下記プレイヤーからはそのライヴ終了を捉えたオーディエンス・ショットが視聴できる。演奏終了後Chrisはファンに一言「Thanks」と言い、ステージ上でメンバー達と抱擁した。
なお、Death Cab for Cutieは来年8枚目のスタジオ・アルバムをリリースする予定。本作はChris Wallaが参加した最後のアルバムであり、外部からプロデューサーを迎えた初の作品だ。(via Pitchfork)


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon