Julian Casablancas+The Voidzのニュー・アルバム『Tyranny』の全曲試聴が公開

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

(Photo by Colin Lane)


Update(9/25): 現在Rolling Stoneでの試聴は日本からはアクセス出来ない状態となっています。

The StrokesのフロントマンJulian Casablancasが、今月末(日本盤は10月15日)に自身のレーベルCult RecordsからリリースするJulian Casablancas+The Voidz名義でのニュー・アルバム『Tyranny』の全曲試聴がRolling Stoneで独占公開された。(via CoS)

The VoidzのメンバーはギターのJeramy GritterとAmir Yaghmai、キーボードのJeff Kite、ベースのJake Bercovici、ドラムのAlex Carapetisという編成。アルバムのプロデュースはShawn Everettが担当した。アルバム・タイトルのTyrannyとは専制政治を意味する言葉だが、それについてJulianは次のように発表している。

専制政治(Tyranny)というのは歴史上様々に形を変えて現れる。今やビジネス上の利点がなによりも優先され、会社組織がその新たな基盤となっている。ほとんどの決定は中世の王の如く、利益を生むことならなんであれ、痛みを伴うような真実を無視し抑制するかのようにくだされているようにみえる。(そういうことならPOP MUSICもそうだ。) – Julian Casablancas (プレス・リリースより引用)

本作からは先日リード・トラック「Where No Eagles Fly」のMVが公開されている。

Julian Casablancas+The Voidz – Tyranny

Tracklist:
01. Take Me In Your Army
02. Crunch Punch
03. M.utually A.ssured D.estruction
04. Human Sadness
05. Where No Eagles Fly
06. Father Electricity
07. Johan Von Bronx
08. Business Dog
09. Xerox
10. Dare I Care
11. Nintendo Blood
12. Off To War…


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon