BathsやDâm-Funk、Jerome LOL、Salva等が参加したフリー・コンピ『What’s Good Los Angeles?』の配信がスタート

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

VANS OTWの新プロジェクトの一環で企画され、ロサンゼルスのレーベルFriends of Friendsがキュレーションしたフリー・コンピレーション『What’s Good Los Angeles』の配信が特設ページでスタートした。
このコンピには先日こちらの記事で紹介したBathsの新曲「Disorderly」を始め、Dâm-FunkやJerome LOL、Problem、Salva等といった現在のロサンゼルスのシーンで活躍するアーティスト達が参加。マスタリングはLow End Theoryの主宰として知られるDaddy Kevが担当している。

なお、下記プレイヤーからはBathsが今回このコンピに提供した新曲「Disorderly」が試聴できる。『Obsidian』や『Ocean Death』のようなここ一年程のリリース作品で聴かせたシリアスなサウンドではなく、ストイックなミニマル・ビートとキャッチーなメロディが同居した楽曲に仕上がっているのが印象的。
この他のBathsの関連トピックとしては、サイド・プロジェクトの一つであるGeotic名義で、今秋には声のみで制作した『Sunset Mountain』、冬にはピアノのみで制作した『Evening Sky』という作品をそれぞれリリースする予定となっている。

What’s Good Los Angeles?

Tracklist:
1. Problem x Salva: Motivated
2. Dâm-Funk: Looks Like Ya’ Got Somethin’ to Say
3. Hodgy Beats: Bars (prod. Mr. Carmack)
4. Jerome LOL: Burton Hall
5. Baths: Disorderly


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon