LFOのMark Bellが死去

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

LFOのMark Bellが先週亡くなっていたことが明らかになった。彼が所属するレーベルWarp Recordsの発表によると死因は手術後の合併症だという。
LFOは1988年にMarkとGez Varleyの2人によって結成されたイギリス拠点のテクノ・プロジェクト。ユニット名はシンセのLow Frequency Oscillatorから取られている。Gezが1996年に脱退してからはMarkのソロ・プロジェクトとなった。
2人時代を含めLFOがリリースしたアルバムは全部で3枚と長いキャリアの割に少ないが、プロデューサーとしてDepeche Modeの『Exciter』、そしてBjörkの『Homogenic』や『Biophilia』にも参加している。また、Markは昨年開催されたSonarSound Tokyo 2013で来日したばかりだった。(via Pitchfork, Warp)

 


Update: 記事初出時にGez Varleyが脱退した年が間違っておりました。訂正してお詫び致します。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon