The Pains of Being Pure at Heartのニュー・アルバム『Days of Abandon』から「Kelly」のMVが公開

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

The Pains of Being Pure at Heartが今年の春にリリースしたニュー・アルバム『Days of Abandon』から、A Sunny Day in GlasgowのJen Gomaをヴォーカルにフィーチャーした「Kelly」のMVがPitchforkのYouTubeチャンネルで公開された。ディレクターはArt Boonparn。
なお、The Pains of Being Pure at Heartは、来月ニュー・EP『Abandonment Issue』をリリース予定。このEPはアルバム制作時にレコーディングした「Impossible」や「Summer of Dreams」、「The Real World」の3曲(いずれもアルバムの日本盤にボーナス・トラックとして収録)に加えて、同じくアルバム制作時にレコーディングされ、先日公開されたJen Gomaがゲスト参加する「Poison Touch」、そしてデモ・トラック2曲をコンパイルした作品。そのデモのうちの1曲は「Kelly」で、こちらではKip Bermanがメイン・ヴォーカルをとっている。

The Pains of Being Pure at Heart – Abandonment Issue

Tracklist:
1. Impossible
2. Summer of Dreams
3. The Real World
4. Poison Touch
5. Kelly(Winter Station Demo)
6.Life After Life(Winter Station Demo)


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon