Family Basikがデビュー・アルバム『A False Dawn And Posthumous Notoriety』を11月12日にリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

2007年に結成した加藤遊と加藤りまによる兄妹デュオFamily Basikが、11月12日に初のアルバム『A False Dawn And Posthumous Notoriety』をWhite Paddy Mountainからリリースする。ジャケット画は天本健一、デザインはASUNAによるもの。収録されている10曲の作詞、作曲、ミックス作業を兄の加藤遊が手がけており、歌は兄妹二人によるもの。マスタリングはChihei Hatakeyamaが担当した。
リリースに先駆けて、White Paddy MountainのSoundcloudでは、アルバムのオープニング・トラック「The Last Fine Day Of My Life」の試聴が公開されている。
なお、現在レーベル直販サイトでは先行予約を受け付けており、そちらで購入するとSawako34423Shellingによる3曲入りのスペシャル・リミックス集が特典として付属する。

A False Dawn And Posthumous Notoriety

Tracklist:
01. The Last Fine Day Of My Life
02. Honeyguide Symphony
03. Prospectors In Wonderland
04. A Fake Hierarchy Of Chaos
05. Business Affairs
06. Subliminal Jackson
07. Cognitive Dissonance
08. Boys In Native Dress
09. Song You Sang In My Dream
10. When My Kids Stop Singing


Update(10/29): 記事初出時に本文に一部誤りがありました。訂正してお詫びします。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon