WIREDとBEAT RECORDSがコンピレーション・アルバム『The Art of Listening Vol.1』をリリース、Oneohtrix Point Neverの初CD化音源を収録

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

WIREDBEAT RECORDSがコラボし、コンピレーション・アルバム『The Art of Listening Vol.1』をリリースする。”聴く技法”をテーマにした本コンピには、Oneohtrix Point Neverの初CD化音源を始め、Laurel HaloやArca、Nosaj Thing、Tyondai BraxtonClaude Speeedといった14組の先鋭的なアーティスト達による楽曲全15曲が収録。
全曲のダウンロード・コードとダウンロード用CD-Rが付属するCD版は12月6日に、『WIRED』vol.14 “AoL”特装版』が付属するWIREDバンドル版は11月25日にAmazonで限定発売される。WIREDの日本版編集長若林恵氏が本コンピに寄せたコメントは以下のとおり。

 

「聴きかた」のイノヴェイション

ビョークはかつて「Modern Minimalists」をテーマにしたBBCのテレビ番組においてこんなことを語った。「わたしの見るところ、20世紀の後半、音楽は、『構想』(Plot)や『構造』(Structure)といったものから離れ、まったく逆の方向、つまり『テキスチャー』(Texture)へと向かっていったのです」。

21世紀になって、音楽は、よりいっそう彼女が語った方向へと向かっているように聴こえる。音楽を聴くことは、ジャンルや文化的なコンテキストを超えて音そのものの「響き=Texture」に耳をそばだてるような、そんな行為になっている。しかし、ぼくらの耳は、果たして、音楽が「構造」や「構想」から自由になっているのと同じように、自由になっているのかと言えば、どうも心許ない。

現代エレクトロニカの鬼才Oneohtrix Point Neverは、未来の音楽のありようを、WIRED.jpのインタビューでこんなふうに語ってくれている。「音楽は、彫刻や文学により近づいていく。有用性から離れ、自律して存在するものになっていく」。新しい音楽にあわせるかたちで、ぼくらの「耳」の感受性もまたアップデートされねばならない。例えば、音楽を空間のなかに置いて、まるでアートピースを楽しむように、それを「聴く」ことはできないだろうか。音楽自体を、自律した何かとして日常のなかに置き、そのなかに暮らすことはできないだろうか。

ビョークとOneohtrix Point Neverのふたりの言葉が、このコンピレーション企画の起点となっている。過去の分類上においては、「ジャズ」「現代音楽」「ミニマル」「エレクトロニカ」「アンビエント」として扱われてきた音楽を、テキスチャー、つまり音像や響きの親近性において収集し、シークエンスしてみたのが本盤だ。ただし、ここでの主題は、音楽そのものではなく、あくまでも「聴きかた」にある。音楽はかつてないほど自由になっている。では、ぼくらの耳はどうか? The Art of Listening=聴く技法」というタイトルには、そんな問いが含まれている。

ドイツの名門レーベル「ECM」のマンフレッド・アイヒャーは、フランスのある修道僧のこんな言葉を座右の銘としているという。「見たいと願うなら、聴け。聴くことこそヴィジョンへといたる道である」。音楽のイノヴェイションとは、「聴きかた」をイノヴェイトすることにほかならないのだ。

『WIRED』日本版編集長 若林恵(プレス・リリースより引用)

The Art of Listening Vol.1

Tracklist:
01. Laurel Halo – Dr. Echt
02. Oneohtrix Point Never – Music For Steamed Rocks
03. Nico Muhly – Mothertongue: I. Archive
04. Claude Speeed – Tiger Woods
05. Tyondai Braxton – Opening Bell
06. James McVinnie – Beaming Music
07. Sigbjørn Apeland – Lite
08. Arca – Failed
09. Oneohtrix Point Never – Chrome Country
10. Jaga Jazzist – Touch of Evil (Cuckoo Mix)
11. Nosaj Thing – 5555
12. Jozef Dumoulin – Rapid Transportation
13. Nadia Sirota – From The Invisible To The Visible
14. Octave Minds – Projectionist
15. Amon Tobin – Bedtime Stories

『The Art of Listening Vol.1』 特設サイト: http://wired.jp/special/the-art-of-listening/


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon