THE NOVEMBERSのニュー・アルバム『Rhapsody in beauty』から「Romancé」のMV(Parallel Version)が公開

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

THE NOVEMBERSが先月リリースしたニュー・アルバム『Rhapsody in beauty』から、先日ノーマル・ヴァージョンが公開されていた「Romancé」のMVのパラレル・ヴァージョンが新たに特設サイトで公開された。
監修をBOOM BOOM SATELLITESのクリエイティブディレクターを務めたminsak、監督をトチハラヒロタカがそれぞれ担当したこのビデオ、パラレル・ヴァージョンというのは、ユーザーの見る環境によって映像内に映し出される水模様の色が変化する仕組みというもので、アルバムのモチーフであるパラレルワールドを具現化するために制作された。
プレス・リリースによると、ユーザーの端末(ブラウザ)とネットワークIPでコンテンツを判別して表示しており、同じネットワークの環境からは何度アクセスしても同じ映像しか見ることが出来ないそうだ。なお、映像パターンは11種類以上のパターンが用意されているという。
以下はメンバーの小林祐介が発表したこのビデオに関するコメント。

「Rhapsody in beauty」のテーマ、モチーフの一つ“パラレルワールド”。今、自分の目の前 にある現実とは別の並行世界。ほんの些細な物事をきっかけに、僕達の世界は全く別の未来へと 導かれていきます。
自分に見えている海の色と、他人に見えている海の色は必ずしも同じではありません。そこには“海の色”と“知覚”を巡るパラレルワールドが存在します。
「Romancé」のMVシリーズはあなたの観覧する条件や、環境によって色が変わります。 この仕掛けは沢山の人が、それぞれ“一つの人生”を生きていること。 そしてその“一つの人生”は、遍く存在する可能性の中の一パターンに過ぎないことを表現して います。
また、MVの中の僕達が自身を取り巻く“ゆらめき”の色の変化に気付くことはありません。いつも通りです。
それは、あなたの人生が別の未来へ枝分かれした様子を、あなた自身で相対的に確かめることが
出来ないこと自体の比喩でもあります。
あなたがこのMVを観ることをきっかけに、僕達を取り巻く世界の色が変わる。MVの中の僕達 はあなた自身でもあります。 – 小林祐介(プレス・リリースより引用)


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon