The LibertinesのCarl Barâtが新バンドCarl Barât And The Jackalsでファースト・アルバム『Let It Reign』をリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

7月に再結成ライヴを開催したThe LibertinesのフロントマンであるCarl Barâtが、新バンドCarl Barât And The Jackalsでファースト・アルバム『Let It Reign』を来年2月にリリースする。
元々彼は一人でアルバム制作を始めたものの、その後Facebookを通してメンバー募集を行い、オーディションでメンバーを決めたそうだ。バンドが結成したのは2014年5月。レコーディングはプロデューサーにThe BronxのJoby J. Fordを迎えロサンゼルスで行われ、Beastie BoysのパーカッショニストAlfredo OrtizやMy Chemical Romanceの元ドラマーも参加した。
プレス・リリースによると、アルバムはグラムロックやブリットポップ、90年代後半のLAハードコアパンクの要素(Rocket From The CryptやQueens Of The Stone Ageなどを多く取り入れたロック色の強い作品に仕上がっているという。トラックリストは以下のとおり。

Carl Barât And The Jackals – Let It Reign

Tracklist:
01. Glory Days
02. Victory Gin
03. Summer In The Trenches
04. A Storm Is Coming
05. Beginning To See
06. March of the Idle
07. We Want More
08. War of the Roses
09. The Gears
10. Let It Rain
11. Drive*
12. Get A Gun*
*ボーナス・トラック


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon