De La Soul、Graham Coxon、Brian EnoがDamon Albarnのロンドン公演にゲスト出演

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Damon Albarnが先週15日の夜にロンドンのRoyal Albert Hallで開催した公演にDe La Soulや、BlurでのバンドメイトGraham CoxonBrian Enoがゲスト出演するという出来事があった。
この夜3組はそれぞれに関連した楽曲でDamonと共演。De La SoulはDamonのGorillaz名義でのヒット曲「Feel Good Inc」で、GrahamはBlurの1994年のアルバム『Parklife』に収録されている「End of a Century」で、Brian EnoはDamonのソロ・アルバム『Everyday Robots』の収録曲「Heavy Seas of Love」で、それぞれパフォーマンスを披露した。下記プレイヤーからそれぞれのオーディエンス・ショットが視聴できる。(via CoS, Pitchfork)


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon