Yungがデビュー・EP『Alter』を3月にTough Love Recordsからリリース、日本盤にはボーナス・トラック追加

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Yungがデビュー・EP『Alter』を3月にTough Love Recordsからリリースする。日本では、M/A/G/N/I/P/Hからボーナス・トラック2曲を追加した日本盤が3月11日(DISC UNION各店では2月25日)にリリースされる。
Yungは、ギター・ヴォーカルのMikkel Holm Silkjaerを中心に、2013年夏にデンマーク・オーフスで結成されたパンク・バンドで、現在は4人編成で活動している。デンマークでパンクやハードコアと言えば、あのIceageを輩出したコペンハーゲンがまず連想されるが、このオーフスもデンマークのパンク・シーンの中心と言われる地で、Mikkelも地元のシーンから多大な影響を受けたという。
世界デビュー作となる今回リリースされるEP『Alter』は、昨年1月にレコーディングし、同年11月にデンマーク国内で自主リリースしたアルバム『Falter』の収録曲から選出した全6曲(日本盤はボーナストラック2曲追加)を収録した作品。アルバムのミックスはPatz Koci、マスタリングはIceageの初期作品のレコーディングも担当したPeter Peterが行ったが、今回のEP化に際し、Analog HeartのStephen Quinnが新たにリマスタリングを施している。
現在そのEPの収録曲から「Nobody Cares」の試聴が先行公開されている。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon