IceageのフロントマンElias Bender Rønnenfeltがサイド・プロジェクトのMarching Churchでデビュー・アルバムをリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

デンマークのポストパンク・バンドIceageのフロントマンElias Bender Rønnenfeltが、以前から取り組んでいたサイド・プロジェクトのMarching Churchでのデビュー・アルバム『This World Is Not Enough』を3月末にリリースする。レーベルはアメリカではSacred Bones、ヨーロッパではPosh Isolation、日本ではBig Love。
Marching ChurchにはLowerやPuce Mary、Choir of Young Believers、Hand of Dustのメンバーが参加しており、Pitchfork及びレーベルの発表によると、David Maranhaの『Antarctica』や、『Young Americans』をリリースした頃のDavid Bowie、そしてJames BrownやSam Cookeといったアーティスト達から影響を受けた作品に仕上がっているという。
現在リード・トラック「Hungry For Love」の試聴が先行公開されている。

This World Is Not Enough

Tracklist:
01. Living in Doubt
02. King of Song
03. Hungry for Love
04. Your Father’s Eyes
05. Calling Out a Name
06. Every Child (Portrait of Wellman Braud)
07. Up a Hill
08. Dark End of the Street


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon