Tangerine DreamのEdgar Froeseが死去

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

(Photo via FaceBook)

ドイツのエレクトロニック・グループTangerine DreamのEdgar Froeseがウィーンで今週20日の午後に肺塞栓症により急逝した。70歳だった。
EdgarがTangerine Dreamを結成したのは1967年のこと。その後音楽性の変化やメンバー・チェンジを繰り返しながら、約40年に及んだ活動の中でTangerine Dreamはシングル、EP、アルバム、サウンドトラックなど100枚以上の作品を発表した。近年は日本人ヴァイオリニストの山根星子やUlrich Schnaussがメンバーとして活動に参加していた。日本には1983年に初来日し、2009年に開催されたMETAMORPHOSEで二度目の来日を果たしている。
Tangerine DreamのスタッフはEdgarがかつて「死は存在しない。それは宇宙における私達の住所が変更されるだけのことだ。」と語っていたとFaceBookでコメントしている。(via FACT Magazine, CoS)


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon