Courtney Barnettがデビュー・アルバム『Sometimes I Sit and Think, and Sometimes I Just Sit』を3月にリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

オーストラリア・メルボルン出身の女性シンガー・ソングライターCourtney Barnettが、デビュー・アルバム『Sometimes I Sit and Think, and Sometimes I Just Sit』を3月にリリースする。ボーナス・トラックを追加した日本盤も3月18日にTrafficからリリースされる。
荒くローファイなギター・サウンド、どこか億劫そうな歌声が魅力的な彼女は、2013年にリリースしたシングル「Avant Gardener」にBest New Musicを付けたPitchforkを始めとする数多くのメディアにピックアップされ注目を集めた。
地元メルボルンのHead Gap Studioで10日間の日程でレコーディングしたという今回のアルバムについて彼女は次のように語っている。

私の作った曲は、私が一般的な感情を持つ普通の人間だって教えてくれるのよ
だから曲の中ですごくハイになったりローになったりすることがあるの。私の人生そのものよ

今回の曲は、今後その姿をいろいろ明らかにしていくと思うの
ツアーやレコーディングを通してもその聞こえ方が変わっていく。そうして自身の姿形を次第に変えていき、最終的には全く
違う楽曲として聞こえるようになるの。願わくばそれが永遠に続いていって欲しいわ – Courtney Barnett(プレス・リリースより引用)

アルバム『Sometimes I Sit and Think, and Sometimes I Just Sit』からは、先日新たに収録曲「Pedestrian At Best」のMVが公開されている。

Courtney Barnett – Sometimes I Sit and Think, and Sometimes I Just Sit

Tracklist:
01. Elevator Operator
02. Pedestrian at Best
03. An Illustration of Loneliness (Sleepless in NY)
04. Small Poppies
05. Depreston
06. Aqua Profunda!
07. Dead Fox
08. Nobody Really Cares if You Don’t Go to the Party
09. Debbie Downer
10. Kim’s Caravan
11. Boxing Day Blues
*日本盤にはボーナス・トラックが追加収録


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon