Björkのツアー・バンドの中心人物であるハング・ドラム奏者Manu Delagoがソロ・アルバム『Silver Kobalt』を4月にリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Björkが先日リリースしたニュー・アルバム『Vulnicura』のリリース・ツアーに前作『Biophilia』に引き続き中心メンバーとして帯同するオーストリア出身のパーカッショニスト/ハング・ドラム奏者のManu Delagoが、ソロ・アルバム『Silver Kobalt』を4月にTru Thoughtsからリリースする。
BjörkやThe Streets等の作品をプロデュースするMatt Robertsonを共同プロデューサーに迎えた本作は、プレス・リリースによれば“カリンバにも似たそのオリエンタルで独特な美しい音色を発するハングの響きとモダンなエレクトロニクスを配合した大胆なアレンジメント、端正にレイヤリングされたビート、楽曲ごとに変化する表情豊かなソングライティングが魅力的な一枚”に仕上がっているという。アルバムのリリースに先駆けてトレイラー・ビデオが公開されている。

Manu Delago – Silver Kobalt

Tracklist:
01. Disgustingly Beautiful (feat. Isa Kurz)
02. Plus Minus
03. Drumheart (feat. Anil Sebastian)
04. Down to the Summit
05. Wandering Around
06. Simon is Psychling [sic]
07. Sun in the North (feat. Isa Kurz)
08. Chemical Reaction (feat. Rahel)
09. Dearest (feat. Katie Noonan)
10. Almost Thirty
11. Grey Hair Man Feat. Rahel *Bonus Track for Japan


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon