Amma Lo-Fi(ローファイおばあちゃん)と呼ばれたアイスランドの宅録家Sigriour Nielsdottirのドキュメンタリー・フィルム&ベスト・アルバムが3月にリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

2011年に81歳で逝去したSigriour Nielsdottir(アイスランド語表記: Sigríður Níelsdóttir)のドキュメンタリー・フィルム&ベスト・アルバム『Grandma Lo-Fi〜The Basement Tapes of Sigriour Nielsdottir』が、3月4日にAfterhoursからリリースされる。
Sigriour Nielsdottirは、1930年代にデンマークで一男二女の末っ子として生まれ、70歳になった頃からシンセや自宅の生活道具、自身の歌声を用いた多重録音を開始した。彼女は当初家族に向けて制作していた音楽にやがて自分でしつらえたアートワークをつけレコード・ショップに卸し始めた。その音源はアイスランドで大きな注目を集め、2006年には、Kira KiraことKristín Björk Kristjánsdóttirが主宰するKitchen Motorsがリリースしたコンピレーション・アルバム『Kitchen motors family album』にも、Jónsiのソロ・プロジェクトFrakkurや、múm、Benni Hemm Hemm、Borko、Jóhann Jóhannsson等と共に参加した。そして彼女は亡くなるまでに687の楽曲を作曲、計59枚のアルバムを発表した。
今回DVDに収められるドキュメンタリー・フィルムは、Kira Kiraと、SlowblowのOrri Jónsson、Jónsiやmúm等のPVを手がけるIngibjörg Birgisdóttirによって10年近い歳月をかけて撮影された。映像には彼女の作品を愛していたmúmやSinFang、Mugison、FM Belfast、Kria Brekkan、Mr.Silla等といったミュージシャン達が友情出演している。また、CDにはこの映像に使われた曲を中心に全21曲が収録される。


Update(18:38): 本文一部改訂


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon