Florence and the Machineがニュー・アルバム『How Big How Blue How Beautiful』を6月にリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Florence and the Machineが2011年にリリースした『Ceremonials』に続くニュー・アルバム『How Big How Blue How Beautiful』を6月にRepublic及びIslandからリリースする。本作にはプロデューサーにBjörk等の作品を手がけるMarkus Dravs、アレンジャーにGoldfrappのWill Gregoryが起用されているほか、更にPaul Epworth、Kid Harpoon、John Hillといったプロデューサー/コンポーザーがレコーディングに参加している。
Pitchforkに掲載されたFlorenceのコメントによると、死を通じての脱出あるいは超越を描くことにこだわった前作とは対照的に、逃げるのではなくどうやって世界を愛するか、生き抜くかを今回のテーマとしているそうだ。
現在アルバムからはタイトル・トラック「How Big How Blue How Beautiful」と「What Kind of Man」のMVが公開されている。

Florence and the Machine – How Big How Blue How Beautiful

Tracklist:
01. Ship to Wreck
02. What Kind of Man
03. How Big How Blue How Beautiful
04. Queen of Peace
05. Various Storms & Saints
06. Delilah
07. Long & Lost
08. Caught
09. Third Eye
10. St Jude
11. Mother


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon