Mike Paradinasが10代の頃に制作した曲を公開

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Aphex Twin(と思われる人物)が過去に制作した膨大な曲をSoundCloudで大量公開するという出来事(現在も継続中)があったが、Aphexとも交友の深いμ-ZiqことMike ParadinasもSoundCloudで古い曲を公開した。
FACT Magazineが指摘するように、今回公開されたのは彼が10代の頃に制作した曲で、友人と共にオルガンやスネア・ドラム、ヴォーカルをカセット・レコーダーで録った曲や、KORGのシンセPoly-800、BossのリズムマシンDR-110等を用いて制作した曲など25曲を試聴することができる。
なお、「See You Again」という曲に添えられたコメントによると、当時彼が使用していたカセット・レコーダーFostex 250の配色はかつてのPlanet MuのWebサイトのデザインにインスピレーションを与えていたそうだ。その他に14歳の頃にベトナム戦争に関するショート・フィルムを制作していた友人にサントラ作りを依頼され、ドラムでヘリコプターの音を表現しようとしたという「Theme To Huey」等興味深い曲が並んでいる。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon