Depeche ModeのMartin GoreがMG名義でソロ・アルバムを4月にリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Depeche Modeでソング・ライティングとギターを担当するMartin Goreが、MG名義でソロ・アルバム『MG』を4月22日に日本先行リリースする。Depeche ModeのDelta Machineツアーが終了した2013年3月からカリフォルニア州サンタバーバラにある自宅スタジオで制作を開始したという本作は、彼が1980年代から抱えていた構想である全編インストゥルメンタルなアルバム。ミックスにはMartinとVince ClarkeのプロジェクトVCMGのアルバム『SSSS』をミックスしたQを再び起用、マスタリングはPoleのStefan Betkeが担当した。
現在アルバムのリリースに先駆けてリード・トラック「Europa Hymn」の試聴が公開開始されている他、本作に関する彼のコメントも到着している。(以下、プレス・リリース引用)

僕は自分が作る全ての音楽を、とてもエレクトロニックで、とてもフィルムライク、そして大抵のものにおいて、sci-fi(空想科学)的な質感にしていたかったんだ。音楽というのは僕にとって必要なもののひとつで、毎週、それも最低週5日でスタジオに入るんだ。だからひとたびアイデアや雛形が浮かぶと、その製作過程はとても素早くて楽しいものなんだ。

(MG名義でのリリースについて)このアルバムはとてもエレクトロニックでボーカルもないから、また別のペルソナが必要かなと思って、VCMGのアルバムで出来たMGというコンセプトをそのまま持ってくることにしたんだ。

一人のソングライターとして、僕は言葉のパワーというのをちゃんと理解している。正しい方法でコードやメロディを伴った場合は特にね。また僕はもう一方で、ピュアなインスト音楽のパワー、それに音楽的空気によって創られる感情のこともきちんと理解していて、まさしく僕が今回のプロジェクトで捉えたかったのはそこのところなんだ。 – MG(Martin Gore)

MG – MG

Tracklist:
01. Pinking
02 . Swanning
03 . Exalt
04. Elk
05. Brink
06. Europa Hymn
07. Creeper
08. Spiral
09. Stealth
10. Hum
11. Islet
12. Crowly
13. Trysting
14. Southerly
15. Featherlight
16. Blade


Update(0:39): 一部表記を修正。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon