湯川潮音もゲスト参加したworld’s end girlfriendが昨年3月11日に開催したフリー・ライヴのフル音源が無料&投げ銭制でリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

world’s end girlfriendが昨年東京芸術劇場で催されたプログラム〈Moving Distance : 2579枚の写真と11通の手紙〉の中でフリー・ライヴとして3月11日に開催した〈world’s end girlfriend / Song to the Siren – LIVE3.11〉のフル・ライヴ音源が、本日3月10日22時からVirgin Babylon Recordsの公式Bandcampにて無料&投げ銭制でリリースされた。投げ銭(name your price)により発生した収益は、Bandcamp手数料を除いた全額があしなが育英会の震災遺児への支援活動に寄付される。
当日のライヴは、初となるギター2人とヴァイオリン、チェロのカルテット編成で行われ、wegがサウンドトラックを手掛けた映画『空気人形』や台湾映画『星空』のサントラ曲、ゲスト・ヴォーカルとして参加した湯川潮音のアルバム『濡れない音符』に収録されている「その日わたしは」やwegとの共作「笛吹きの少年」等が演奏された。なお、本作に収録される「yes」のライヴ映像は下記プレイヤーから視聴することができる。

world’s end girlfriend – Song to the Siren – LIVE 3.11

Tracklist:
1. 点在について
2. yes
3. The Little Finger
4. Three-legged Elephant
5. Piano
6. 水の線路 / 生命は (詩: 吉野弘)
7. Lost a Piece
8. 笛吹きの少年 (feat.湯川潮音)
9. その日わたしは (feat.湯川潮音)


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon