Jaga Jazzistが6年ぶりのアルバム『Starfire』を5月末にリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

昨年結成20周年を迎えたノルウェーのエクスペリメンタル・ジャズ・グループJaga Jazzistが、6年ぶりのアルバム『Starfire』を5月末にNinja Tuneからリリースする。5月27日にリリースされる日本盤には同郷のTodd Terjeによるリミックスがボーナス・トラックとして追加収録される。
今回のアルバムで彼らはハンドメイド・アナログシンセ『Swarmatron』の開発者であり、ミュージシャンでもあるLeon Dewanをフィーチャー、バンドのコア・メンバーであるLars Horntvethは本作の制作について“作曲とリミックスを両方を一曲の中で同時に行っている感覚”だったと語っている。下記プレイヤーからはiTunesで本作を先行予約するとその場でダウンロードすることが出来るタイトル・トラック「Starfire」が試聴可能だ。Larsはこの曲についてもコメントを発表している。

まったく異なる二つの楽曲を一つに合わせたことで完成した曲なんだ。アルバム全体のイントロダクションとしても機能する曲だと思う。電子音が目立つけど、実際は過去作品と比べてもよりオーガニックでアナログな作品なんだよ – Lars Horntveth(プレス・リリースより引用)

Jaga Jazzist – Starfire

Tracklist:
1. Starfire
2. Big City Music
3. Shinkansen
4. Oban
5. Prungen
6. Oban (Todd Terje Remix) (Bonus Track for Japan)


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon