Franz FerdinandとSparksのメンバーによる新バンドがファースト・アルバムを6月にリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

以前こちらの記事で紹介していたFranz FerdinandSparksのメンバーによるバンドFFS(Franz Ferdinand & Sparks)が、ファースト・アルバム『FFS』を6月8日にDominoからリリースする。プロデューサーにはJohn Congletonを起用、レコーディングはロンドンのRAK Studiosでおこなわれた。
現在そのリリースに先駆けてアルバムのラストを飾る「Piss Off」の試聴が公開されている。(via DIY)

Update(4/2): Hostessからボーナス・トラック4曲を追加した日本盤のリリース(6月10日)が決定、アーティスト・コメントが到着。

なにか新しいものを生み出したいと思っていたんだ。単なる“フランツ・フィーチャリング・ラッセル・メイル”だとか、“フランツが バック・バンドを務めるスパークス”じゃなくてさ。 – Alex Kapranos

どこまでがスパークスで、どこまでがフランツかなんて線引きするのは無理だよ。新たな領域に踏み込むために、僕ら二組とも少しだけいつもの 自分たちを捨てて挑んだんだ。 – Ron Mael

FFS – FFS

Tracklist:
01. Johnny Delusional
02. Call Girl
03. Dictator’s Son
04. Little Guy From The Suburbs
05. Police Encounters
06. Save Me From Myself
07. So Desu Ne
08. The Man Without A Tan
09. Things I Won’t Get
10. The Power Couple
11. Collaborations Don’t Work
12. Piss Off


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon