Blue Nileがデビュー・アルバム『Birth of Venus』をAYからリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Blue Nileがデビュー・アルバム『Birth of Venus』を今週9日に日本のアンビエント/ダブ・レーベルAYからリリースした。
Blue Nileはブルックリン出身の女性プロデューサーJessee Eaganによるソロ・プロジェクトだ。グラフィック・デザイナーである彼女自身が手がけたギリシャ神話に登場する有翼のスフィンクス像が配された妖しげなアートワーク、スピリチュアルなキーワードが並ぶトラック・タイトルからも連想できるように、アルバムは全編に渡って、沈み込んでいくような深黒のアンビエンスと、エソテリックなムードに包まれている。
下記プレイヤーからはアルバム・トレイラーとタイトル・トラック「Birth of Venus」のMVが視聴できる。レーベルのステートメントには“Grimesにも認められた”とあるが、このMVが公開された際にGrimesが反応しそれが注目される一つのきっかけになったそうだ。

Blue Nile – Birth of Venus

Tracklist:
1.Realm
2.Birth of Venus
3.Calypso
4.Exile
5.Rescuer
6.Hierophant
7.Hecate
8.Paradisum

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon