Thee Oh Seesのニュー・アルバム『Mutilator Defeated at Last』から「Withered Hand」が公開

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

John Dwyer率いるガレージ・ロック・バンドThee Oh Seesの新曲「Withered Hand」と「The Ceiling」がConsequence of Soundで公開された。「Withered Hand」はThee Oh Seesが5月にJohn主宰のCastle Faceからリリースするニュー・アルバム『Mutilator Defeated at Last』の収録曲。本作は前作『Drop』のレコーディングにも参加したChris Woodhouseや、休止以来一時的に脱退していたヴォーカル/キーボーディストのBrigid Dawson、2014年から加入したTim HellmanとNick Murrayという5人編成でレコーディングされた。レコーディング及びミキシングはChrisが担当、マスタリングはJohn Goldenが担当した。
なお、「The Ceiling」は先日こちらの記事で紹介したコンピレーション・アルバム『50 Bands & a Cat for Indiana Equality』に収録される。

Thee Oh Sees – Mutilator Defeated At Last

Tracklist:
1. Web
2. Withered Hand
3. Poor Queen
4. Turned Out Light
5. Lupine Ossuary
6. Sticky Hulks
7. Holy Smoke
8. Rogue Planet
9. Palace Doctor

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon