A Sunny Day in Glasgowのメンバーのサイド・プロジェクトRoman à Clefがデビュー・アルバムをリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

昨年アルバム『Sea When Absent』をリリースしたフィラデルフィア出身のドリーム・ポップ・バンドA Sunny Day in Glasgowで、ヴォーカルを担当するJen Gomaとベースを担当するRyan Newmyer、そしてThe Pains of Being Pure at Heartでドラマーを務め、現在はIce Choirとしてソロ活動をするKurt FeldmanによるプロジェクトRoman à Clef。彼らがデビュー・アルバム『Abandonware』を6月2日にInfinite Bestからリリースすることが明らかになった。
発表によると、アルバムは80年代のポップスやニュー・ウェーヴ・フィルム、Roberto Bolaño、Italo Calvino、Thomas Pynchonといった小説家から影響を受けているとのことで、リリースに先駆けて「Abandonware (Josh And Jer)」の試聴が公開されている。(via Exclaim.ca)
なお、彼らのユニット名のRoman à clefは日本では”鍵小説”と呼ばれている小説のスタイルから取られているようだ。

Roman à Clef – Abandonware:

Tracklist:
1. Abandonware (Hannah And Zoe)
2. The Prisoner
3. PSBTV
4. Friends, Today
5. Bye Gone
6. Lucky Toasts
7. Roman Clay (27 BC)
8. Abandonware (Josh And Jer)


Update: 本文に追記。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon