Kurt Cobainが遺したカセットテープ音源集が今夏にリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

ドキュメンタリー『Kurt Cobain: Montage of Heck』の監督を務めたBrett Morgenが、Kurt Cobainが遺した大量のカセット・テープの中から抜粋したホーム・レコーディング集が今夏にリリースされる予定であることを明かした。
彼は200時間に及ぶ107本のKurtのカセットテープを発見したと語っており、その中にはKurtと妻Courtney Loveや友人、Nirvanaのメンバーのジャム・セッション、Kurtが1985年頃にThe MelvinsのDale Crover等と結成したバンドFecal Matterのデモ・テープ、シリアスなものもふざけたものも混在するスポークン・ワード集、The Beatlesのカヴァー、サウンド・エフェクト、サウンド・デザインといったレア音源が含まれているという。(via Pitchfork, Stereogum)


Update(7:30): 本文・タイトルを一部改訂。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon