BB Kingが死去

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

ブルース・ギタリストBB Kingが今週14日夜(現地時間)にラスベガスの自宅で死去したとAP通信やFACT等海外のメディアが報じた。89歳だった。以前から糖尿病を抱えていた彼だが、先日には脱水症を起こし入院したことが報じられていた。
1925年にミシシッピ州で産まれたKingは、本格的に音楽活動を開始した1940年代から現在に至るまでブルース・ミュージックに多大な貢献を果たしてきた。2000年にコラボ・アルバムをリリースしたEric Claptonを始め、Kingを敬愛し影響を受けたミュージシャンは多い。T-Bone Burnettのプロデュースによりレコーディングされ、2008年にリリースしたアルバム『One Kind Favor』が遺作となった。このアルバムでKingはグラミーの『Best Traditional Blues Album』部門で賞を獲得している。


Update: 記事初出時にKingの自宅の所在地について誤りがありました。訂正してお詫び致します。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon