Thom Yorkeが長年のコラボレーターであるStanley Donwoodの展示会のサウンドトラックを担当

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Radioheadのアートワークを長年手がけるアーティストStanley Donwoodが、オーストラリア・シドニーで開催する展示会のサウンドトラックをThom Yorkeが担当した。このサウンドトラックには『Subterranea』というタイトルが付けられている。
Triple Jのレポートによるとサウンドトラックは“低音域は床からブーンと響き、中音域は壁からこだまし、高音域は天井から降り注ぐ雨”のように3つのレベルで構成されているという。
現在Donwoodが展示会の模様をDropboxを用いて動画で紹介している。動画ではThomのサウンドトラックの一部を聴くことができる。また、展示会の模様を収めた写真がPitchforkに掲載中だ。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon