「Bound 2」での無断サンプリングで訴えられていたKanye West、権利者と和解へ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Kanye Westが2013年にリリースしたアルバム『Yeezus』の収録曲「Bound 2」における無断サンプリングで提訴されていた問題が解決したとBillboardが報じた。
以前こちらの記事で紹介したとおり、Westは「Bound 2」にPonderosa Twins Plus Oneというグループが1971年にリリースしたアルバム『2+2+1=』の収録曲「Bound」のサンプリングを使用していた。そしてそのグループに参加していたRicky Spicerというオハイオ州在住の男性から、曲の無断使用に対する補償をするか曲からサンプリングを排除するよう要請され、所属する複数のレコード会社と共に提訴されていた。和解の条件は公表されていないが、恐らく相当な額の補償がSpicer側に支払われたものと思われる。(via Billboard, Pitchfork)

Bound
Bound (mp3)

posted with amazlet at 13.12.25
Essential Media Group (2013-07-09)
売り上げランキング: 138,901

 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon