New Orderが10年ぶりのオリジナル・アルバム『Music Complete』を日本先行リリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

(Photo by Nick Wilson)

昨年秋にMute Recordsと契約したNew Orderが、移籍第1弾作品として2005年にリリースした『Waiting for the Sirens’ Call』以来のオリジナル・アルバム『Music Complete』を9月23日に日本先行リリースする。
新作『Music Complete』は、プレス・リリースによれば、エレクトロ・サウンド、ギター・サウンド両方がバランスを保ち、これまでの作品の中で最も幅広い音楽性を持った作品となったという。なお、バンドにはGillian Gilbertが2001年の『Get Ready』以来14年ぶりに復帰している。
収録曲はThe Chemical BrothersのTom Rowlandsがプロデュースした「Singularity」と「Unlearn This Hatred」の2曲を除き、全てバンドのセルフ・プロデュース。ただし「Tutti Frutti」はRowlandsとの共作曲だ。また、バンドの過去作品にも関わっている名プロデューサーStuart Priceが、今回は「Superheated」でアディショナル・プロダクションを担当している。
そして、ジャケット・アートワークはイギリスを代表するデザイナーPeter Savilleが担当した。

Update: トレイラー・ビデオが公開

unnamed

New Order – Music Complete

Tracklist:
01. Restless
02. Singularity
03. Plastic
04. Tutti Frutti
05. People On The High Line
06. Stray Dog
07. Academic
08. Nothing But A Fool
09. Unlearn This Hatred
10. The Game
11. Superheated
12. *曲目未定 (日本盤ボーナス・トラック)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon