A Place To Bury Strangersが8月に来日、Guitar Wolfと共演

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

今年2月にDead Oceansからニュー・アルバム『Transfixiation』をリリースしたブルックリンのノイズロック・バンドA Place to Bury Strangersが来日、8月26日(水)に東京・渋谷 O-NestでGuitar Wolfと共演する。Guitar WolfのセイジはA Place To Bury StrangersのDion LunadonとはThe D4時代からの仲で、公演に先駆けて両バンドのメンバーがコメントを発表している。なお、チケットは今週末5日(日)から各プレイガイドとO-nest店頭で発売開始となる。

DUM-DUM LLP Presents
A Place To Bury Strangers Live in Tokyo

日時: 2015年8月26日(水)
OPEN19:00/START20:00
会場: 渋 谷 O-nest
出演: Guitar Wolf ・ A Place To Bury Strangers
チケット: ¥4500(tax in D別)

チケット: 7/ 5 一般発売 LAWSON(Lコード; 75029)/e +、渋谷 O-Nest 店頭
問い合わせ; DUM-DUM LLP TEL: 03+6304-9255

http://dum-dum.tv

ディオンとはD4の頃から、ロックバトルを繰り返した盟友だ。NYで新しいバンドをやっているというのは知っていたが、バンド名が長くて憶えられなかった。てっきりR&Rバンドだと思っていたが、シューゲイザーのノイズロックバンドだったとは、驚き桃の木ノイズだゼ!何を隠そうオレ達ギターウルフはマーズゲイザーのノイズバンドなんだ。やばい、826はNESTが爆発する! – セイジ (Guitar Wolf)

ある友人が、俺が気に入ると思って『ミサイルミー』をプレゼントしてくれたんだ。そいつのせいであのアルバムを聴く羽目になって、俺は史上最狂のロックンロール・アルバムを作って日本で暮らしたいという妄想に取り憑かれた。ようやくそれが実現しようとしているわけだけど、見に来る人たちには警告しておくよ。ライブが終わる頃にはステージが跡形もなくなっているだろうからね – Oliver Ackermann (APTBS)

8月26日、俺が The D4をやっていた頃以来初めて、ギターウルフと共演することになった。間違いなく地球上で一番ヤバい場所になるだろうし、狂騒の果てに音の墓場と化すだろう。ツイン・ギター・アタックだ! – Dion Lunadon (APTBS)


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon