Charanjit Singhが死去

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

インド・ムンバイ出身のキーボーディスト/ギタリストCharanjit Singhが亡くなっていたことがThe Wire等の報道で明らかになった。それによれば、彼は就寝中に亡くなったらしい。75歳だった。
セッション・ミュージシャンだった彼はRolandのTB 303や、TR 808、Jupiter 8を用いて制作したアルバムを1982年に発表した。当時この作品は注目されなかったが、2000年に入ってからレコード・コレクターのEdo Boumanに発掘され、やがてアシッド・ハウスのプロトタイプとして大きな話題を呼びリイシューされた。
彼は最後まで現役のミュージシャンで、最近ではインドの伝統音楽を題材にしたアルバムの制作や、ロンドンでのショーを計画していたという。(via Pitchfork, The Guardian)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon