omni sightがファースト・アルバム『eternal return』をリリース、Polar MやMarihiko Hara等が参加

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

omni sightがファースト・アルバム『eternal return』を9月6日にnight cruisingからリリースする。
omni sightはインスト・バンドL.E.D.のリーダー佐藤元彦と、BOOM BOOM SATELLITESやORIGINAL LOVE等でドラムを担当してきた平井直樹の二人が2013年に京都で結成したユニット。今回のアルバムには、ゲストプレイヤーとして、L.E.D.やNATSUMEN等のメンバーである加藤雄一郎を始め、night cruisingでのレーベル・メイトであるMarihiko Hara(原摩利彦)や、Polar M、Nabowaの山本啓が参加している。
プレス・リリースによれば、アルバムは90s~00sのブレイクビーツ、アンビエント、ハウス、テクノ、ダブ、バレアリックサイケへのオマージュを基本軸にしつつ、 京都での電子音響、エレクトロニカシーンのアーティストとの交流を通して得られたインスピレーションも織り込んだ心地よいサウンドスケープの作品に仕上がってるという。なお、オリジナル・トラックに加えて佐藤が長年リスペクトしているというDJ/プロデューサー井上薫(aka Chari Chari)氏によるリミックス・トラックも収録されている。リリースに先駆けて収録曲「watar cave」のMVが公開中。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon