Susumu Yokotaが死去

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

テクノ/アンビエント・プロデューサーのSusumu Yokotaが、今年3月27日に病気により亡くなっていたことが明らかになった。54歳だった。
結果的に遺作となった2012年発表の『Dreamer』までに彼は自身のレーベルSkintoneや、Lo Recordings、Leaf、Sublime Records、Harthouse、Koplatiko等様々なレーベルから数多くの作品を発表した。EBIやSonicstuff、Ringo、TENSHIN等の変名でのリリースも多い。
Pitchforkを始めとする各海外メディアがこの訃報を伝えていることからもわかるように、彼は日本のみならず海外のリスナーやミュージシャンからも高く評価されていた。

 

 

 

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon